オリヴィエ・ルフレーヴの精神

舞台裏

Grappe Raisin Bourgogne全ての工程をマスターする

オリヴィエ・ルフレーヴの哲学は、単純に偉大なワインを造ること。その為に秘密はありません。全ては綺麗なぶどうと畑から始まります。オリヴィエ、フランク、そして彼のチームは厳格な畑作業をする優秀なぶどう栽培者達と、友好的な関係を持てるという幸運にも恵まれています。

 

Futs Chêne Bourgogne収穫時のぶどうの品質が非常に重要なように、醸造も熟成も各アペラシオンの特徴を明らかにするという大切な役割を持っています。フランク・グリュとフィリップ・グリエはテロワールを尊重し、ワインが最大限に表現出来るように毎日注意しています。そして各ワインが“ドメーヌ”と同じ精神の中で丁寧に造られています。

 

Vignes Puligny-Montrachet緻密な習得

自社畑も持っているネゴシアンなので、ぶどう畑作業から最後まで厳しくコントロールが出来る為、創業以来オリヴィエはドメーヌを拡大し続けました。毎年の成果のお陰で、今日ドメーヌは17ヘクタールになりました。

 

団結したチーム

作業チームは家族経営の影響を受け、とてもアットホームな雰囲気なので、長年中心メンバーがいろいろと試行錯誤して新しいことにトライした時も、向上することを常に心がけながら辛い仕事にも励んで来ました。

Philippe Grillet, Jean Soubeyrand, Bastien Gautheron, Bertrand Guillemaud, Julie Leflaive, Franck Grux

舞台上で

ブルゴーニュ、ブルゴーニュワイン、そしてブルゴーニュの人々を愛してもらうこと

les-vignes-puligny-montrachet

オリヴィエ・ルフレーヴの使命は美味しいワインを造ることだけでなく、彼はワインの世界に生き生きした人間らしさも出したいと思っています。ぶどう畑からワイングラスまでの完全なワインツーリズムを通して、ワインの世界の豊かさや多様性や感性を発見してもらうことにゆっくり時間を掛けて説明し、お客様と個人的な友好関係を築くことが、オリヴィエ・ルフレーヴの願いの1つでもあります。

ラ・ターブルとラ・メゾン・ドリヴィエ・ルフレーヴを通して訪問して下さった皆様に、ブルゴーニュで過ごされた素晴らしい思い出と学んだ知識など、ワイン以上の何かを持ち帰って欲しいと願ってやみません。